A Compendium of Season words vol.2
地域の歳時記  -各種スポーツ大会−

| | |


 “町民ソフトボール大会”〔5月〕

#One Sports Plicy  〔ひとり一スポーツ〕

#町が奨励
 健康増進をはかる目的で、町当局は住民一人ひとりがなにかひとつは得意な〔好きな〕スポーツをもちましょう。 その大会もやります。  このような方針に基づいて毎年さまざまなスポーツ大会が開催されます。 おおむね5月から7月にかけて次々と行われています。 写真はそのひとつ、ソフトボール大会の様子です。

#楽しみかたそれぞれ
 チームによってはユニフォームを定めたり、二軍制まで実施するなど、じつに熱心〔本気〕です。 そうでないところも結構楽しんでいます。  実力の差はすさまじいのですが、1部、2部などの区分けをしてお互いが実力に見合った楽しみ方ができるように運営上の工夫がされています。
 なお、主審は正式な本職を呼んでやってもらいます。 だからちゃんとしたルールの勉強にもなるという見えない特典もあることに気づきました。

  

  

  

#A digression 〔余談〕

・ひととおりのスポーツ施設が整っている
 グラウンド、体育館、プール、これらは学校のものとは別に町専用の施設がそろっています。 一昨年の静岡国体でホッケー協議の会場となったことを機に、全天候型のグラウンドが一面追加されました。  人口4万人の町ですから、グラウンド以外は規模が小さいのは仕方がありません。
 もちろん、日ごろの練習などで小中学校の施設を利用することもあります。 
・名前に負けそう?
 バレーボール大会も手軽で人気が高く、毎年盛況です。 これも区の対抗戦ですが、区のなかに東レの社宅名を冠したところがあって、『東レ○○』とかユニフォームに書いてある。  会社の許可も得ているらしく、例の'TOREY'のロゴが見え隠れ。 素人集団の目には、桁外れに強く見えます。 確かに2,3人とても上手な人がいます。  しかし、チーム編成上の配慮でしょうか、ほんとの素人も混ぜてあって、途中で負けたりします。 こういうことも楽しいものです。 

 

 

 

 

Coypright© 2008 www.iiapp.com/ All Rights Reserved